カテゴリー
どもり 発達障害 飛び越える

障害を飛び越える。諦める前に試してないことがきっとあるはずだ。それを探せ。

⇒疑問、質問、愚痴を匿名でぶちまけてください。
あなたの悩み。言っておきたいこと。言わずに死ねるかってこと。吐き出してください。

           

           

           

 

           

 

           

 
✅諦める前に試してないことがきっとあるはずだ。それを探せ。
↓↓🍑賛成。

↓↓🅾反対。

           

 

           

 

           

           

・発達障害を改善する方法。

・どもりを改善する方法。

諦める前に試してないことがきっとあるはずだ。それを探せ。

           

1、人間はリアリティを直接体験するのではなく
心像化(過去の経験や記憶などから、具体的に心の中に思い浮かべたもの)を通して体験する。

2、意識(心像化)を変えれば体験(感情、感覚)も変わる。

           

キツイ(感情)、痛い(神経)に向いてる機能を

意識を使う機能(前頭前野)を使うことで遮断する。

           

           

障害を飛び越える。諦める前に試してないことがきっとあるはずだ。それを探せ。

           

発達障害。

自分がダメなのだと信じてコンプレックスや罪悪感を感じてきたことが
実は脳の問題だったということは衝撃でした。
自分が悪いのではないとわかり、罪悪感からは逃れられました。

「障害」という言葉の重みや絶望感にも似たショックを受けました。

うまくつきあっていけば天才的な面も生かせるかもという希望もあります。

           

           

Q、アスペルガー発達障害改善マニュアルについて一言お願いいたします。

A、食べ物と感情の関係、発達障害と食べ物の関係などについてかなり腑に落ちる内容でした。
自分の好きだった食べ物が実は自分にあってないことがわかり
それを食べなくて済むことに、喜んでいる自分がいて驚きです。

いかに、現代の栄養学がゆがめられているのか、
多くの子どもたちがこれを知らずして発達障害に苦しんでいると感じます。

発達障害に悩む人は、このマニュアルをぜひ読んで実践していただきたいです。
人生観、世界観も変わり、自分の幸せな人生がひらけると思います。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=45857

           

           

・コミュニケーションなど人間関係が苦手なASD(自閉症スペクトラム)
・不注意によるケアレスミスが多いADHD(注意欠如・多動性障害)
 このどちらか1つではなく、2つが重なり合って両方の傾向を持つことが多いのも
「大人の発達障害」の特徴です。

 一方で、強いこだわりを持って高い集中力を維持しながら
長時間一つのことに取り組むことができるといった、
突出して秀でた能力があることでも知られ、
弁護士や医者など専門性の高い職業に、この傾向を持つ人が多いことも知られています。
こうした優れた能力を持つことに着目して、
海外ではすでに自閉症などの発達障害者を
高度なスキルを持ったIT人材として採用する企業も現れています。
⇒https://project.nikkeibp.co.jp/HumanCapital/atcl/column/00047/040700001

           

           

心が壊れちゃうとどうなるか
よくあるのはうつ病ですかねぇ…過食とか過眠、パニック障害などなど…自分でもどうしようもなくなっちゃって、
自分だけじゃなくて他の人にも迷惑がかかっちゃったりするかもしれません。

・今までの自分と何か違う、やりたいことがやれない
・不安でしかたない
・ご飯が食べられないor食べすぎちゃう
・眠れないor寝過ぎちゃう
⇒https://note.com/harakuku/n/n3be3e423d44e?magazine_key=md8cb4914d9c6

           

           

発達障害傾向のあるドライバーに対するチェックリスト。

🅾11カテゴリーの問題が抽出されました。

【周囲の動き、ノイズに惑わされる】
・目の前ではなく、その先の信号を誤って見て行動してしまう(1つ先の信号が青で、自分の手前の信号が赤であった場合に、信号無視をしてしまう)
・矢印信号のため、隣のレーンと自分のレーンで信号が異なる場合に、自分のレーンは赤なのに隣のレーンの車の動きにつられて進んでしまう など

【こだわり】
・信号を忠実に守るため、右折時に黄色や赤になった時に渡ってよいのかがわからない
・制限速度を忠実に守るため、スピードが遅い など

【視野が狭い、状況判断ができない】
・車道の脇を通る歩行者等に気づくのが遅い
・一時停止の標識を見落として、止まれない など

【不注意】
・周囲の状況を確認せずに発進してしまう
・発車する際にサイドブレーキの解除を忘れる など

【2つ以上の行動をすることが苦手】
・カーナビの音声や同乗者の指示に慌ててしまう
・赤信号で停車中にブレーキの踏み方があまくなり、少しずつ動く など

【衝動的な行動】
・車線変更をしたいと思いついた瞬間に周囲を確認せずに行動する
・前に車がいると、無理に抜かして、その前に進もうとする など

【見通しの甘さ】
・ブレーキを踏むタイミングが遅く、急ブレーキになる
・交通量の多い場所で、前方の見通しを持てないために進んでしまった結果、停車してはいけない場所に停車してしまう(交差点や横断歩道に停車せざるを得ないなど) など

【左右、後方の視点の変化が弱い】
・バックをする際にハンドルをどう回せばよいのかがわからない
・左右を瞬時に判別できない など

【車体感覚がイメージできない】
・車線の中央を走行しない(左や右に寄りすぎている)
・幅が狭く、中央線がない道路で、他の車とすれ違えない など

【対向車、後方車のスピード、距離感がわからない】
・合流のタイミングがわからない
・右折時に対向車のスピードや距離がわからず、なかなか曲がれない など

【その他】
・カーナビが示す「〇m先」がどこを指しているのかがわからない
・あせると、アクセルとブレーキの位置がわからなくなる など

           

🅾発達障害傾向のあるドライバー、定型発達のドライバーの運転行動の観察調査およびヒアリング調査

作成したチェックリストをもとに、発達障害傾向のあるドライバーに実路を運転してもらい、

運転行動を観察するとともに、車にドライブレコーダーを装着し、その内容を分析しています。

 
発達障害傾向のあるドライバーがどのような場面でどんな問題を抱えているのかを明らかにすることができれば、

・行動特性に応じて、具体的な運転教育を提供することができると考えます。

・発達障害傾向のあるドライバーの交通事故を減少させるだけでなく、

・そのような特性のドライバーが自動車を安全に利用できるようになることで、活動範囲が広がり、

・そのような特性の人たちのQOLの向上にも寄与することができると期待しています。
⇒https://www.takatafound.or.jp/support/interview/detail.php?id=55

           

           

Q、お子さんの発達障害を治したい、改善したいと思ったのはいつ頃、どんなことがきっかけでしたか、

           

A、赤ちゃんの頃から、とても育てにくいデリケートな子供という感じで、ちょっとしたお世話も苦労していました。
まるで腫れ物のように扱っていたので、親自身も疲れてしまいました。

保育園や小学校に入ると、親以外の人との関わりの中でも交流が難しく、
それでいて知能的には高いため色々解ってしまうというバランスの悪さもあり、途中から不登校気味になりました。

もっと、子も親も、ハッピーに暮らせないのだろうか。
ということをいつも考えて、発達障害と診断された2歳半頃からずっと改善のために様々な方法を行ってきました。

本当の意味で改善の可能性を知って、本格的に取り組むようになった大きなきっかけは、代替医療との出逢いです。

その中で、一般的に治らないとされていたものが改善したという特に海外での臨床実績を色々見つけることができ、
もしかしたら娘の発達障害が改善するかもしれないという希望が湧きました。

そんな流れの中で、こちらのプログラムにも出逢いました。
あきらめなくて良かったと、心から思っています。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=45857

           

           

Q、このプログラムを使ってアスペルガー、発達障害は改善しましたか?

A、はい。改善しました。

           

Q、具体的には何が改善されましたか?

A、自分の気持ちを、以前よりスムーズに穏やかに人に伝えることができるようになったと感じます。
人に対する緊張が、だいぶとれて、人との関わりを楽しめることも増えてきたようです。

衝動性が減り、落ち着いて考えたり行動できるようになりました。

           

Q、改善されて何が変わりましたか?

A、お手伝いや課題など、以前は激しく拒否することが多かったのですが、自分から頑張ってみることも多くなりました。

色々なことによく気が付くようになり、相手の気持ちを考えたり気を利かせてくれることも増えました。

教室などでも、以前より落ち着いて取り組めるようになったようです。
人との関わりでも緊張が減り、会話を楽しめることが増えたようです。

色々話せるお友達がもっと欲しいと思えるようになりました。

自分の身体に合う食べ物、合わない食べ物について、自覚して気を付けるようになりました。
食べたことのないおかずにも挑戦することが増えました。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=45857

           

           

Q、アスペルガー発達障害改善マニュアルについて一言お願いいたします。

A、わたしは、数年前から代替医療について色々調べる中で、発達障害は、本当は改善できるのではないかと思うようになりました。

そんな中で、こちらのプログラムとも出逢ったわけですが、とても実践的&具体的で、それでいて日常生活の中で気を付けていけばよいことが多く、取り組みやすかったです。

続けていく中で、行きつ戻りつな時もたまにはありますが、日々子供の状態が変化していったので驚きました。

子供だけでなく、親の心もリラックスして子供と接することができるようになったと感じます。

もっと早く実践していれば良かったと思いました。本当にありがとうございました。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=45857

           

           

           

           

どもり

どもりに対する不安は、もう嘘のように消えましたが、これはなんとも不思議な感覚だと実感しております。

「吃音が治るという感覚は、失恋から立ち直る感覚と似ている」という言葉、今は頷くばかりです。

今年の4月に親友が結婚式を挙げました。

その親友に「どもってもいいから、友人代表のスピーチをしてほしい」と頼まれました。
涙が出そうなくらい嬉しかったのですが、引き受けることに抵抗がなかったといえば嘘になります。

でも、せっかく前向きに人生を歩み始めたのに、また逃げてもいけないと、
逃げると元に自分に戻ってしまうのではないかという恐怖もあり、思い切って引き受けました。

そして先日、どもることなく無事に結婚式のスピーチを終えました。

それなりに緊張はしましたが、いつもの油汗が出てくるような嫌な感じの緊張ではなく、
自分を鼓舞するような、背中を押してくれるような、力強い緊張感でした。

結果、自分のペースで、考えていたスピーチにアドリブまで加えてしゃべることができました。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=39698

           

           

プログラムを始めてからはや6週間がすぎました。結果はというと、とても満足しています。

電話をとっても自然と、スッと言葉が出てくるようになりました。

まだ日によって波はありますが、以前と比べると不安などもなく、
どもっても気にしないように気持ちをコントロールすることができるようになりました。

以前、会社で電話が鳴るたびに、同僚の事務員全員が、
面白半分で私に電話をとらせようしていたことにずっと悩んでいたのですが、それが最近なくなりました。

最近では、自分にできることを発見するのがひとつの楽しみになっています。
これまではいろんなこと、我慢してきました。

このプログラムで、今までにない自信もつきましたし、何でもやれるような気がしています。

私はどもらなくなることが改善だと思っていたのですが、そうではなかったのですね。
ここにきて腑に落ちた気がします。

私が考えていたよりも素晴らしい状態に今あります。とても嬉しいです。

もうとっくに諦めていたのですが、本当に吃音を改善できるなんて、とても嬉しいです。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=39698

           

           

言葉を発する事に怖いという気持もなく、誰とでも堂々と前を向いて話す事ができます。

何より、人生の目標ができたのが嬉しかったです。また、同年代の人たちよりも、成長できているという実感が沸き、大変満足しています。

そして、前から不安で仕方がなかった就職の面接もおかげさまで自分の中では大成功でした。自信をもって、堂々と面接をする事ができました。

今回の面接は、たぶん大丈夫だと自分では思っているのですが、もしダメだったとしても、僕は満足すると思います。どうしてかと言うと自信がついたからです。

自信さえあれば、何度でも同じように挑戦することができると思うから、僕はそれが嬉しいのです。

これまでは、あと何十年も生きていく自信がありませんでしたが、もう人生に不安はありません。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=39698

           

           

50年以上のどもり人生を苦しみと絶望と共に歩んできました。どれも本当に死にたくなる様な思い出ばかりです。

私は重度の吃音者です。酷い時期は歌でもどもっていました。
歌ではどもらないというのが吃音の常識なので、はじめて歌でどもったときは大変なショックを受けました。

「歌でもどもる」を意識しはじめてからは、歌う事すらできず、
もちろん日常会話もままならず、失語状態がしばらく続きました。目の前には、ただ絶望しかありませんでした。

何度も「死」という言葉が頭をよぎりました。
流石に自殺する勇気はありませんでしたが、
雷が鳴れば自分に落ちてこないかと期待したり、悪性の病に侵されないかとか、隕石が落ちてこないかとか、
馬鹿で幼稚な思考がぐるぐる回り、情けない日々を送ったものです。

自分なりにどもりを改善しようと、それなりに努力はしてきました。
それでいくらかはましになったところはあると思いますが、しかし、自分ではどうにもならないことだらけです。
自分の無力さに痛飲の日々でした。

このプログラムを6週間実践し終えました。

今のこの感覚をなんと表現すればいいのでしょうか。
頭を撃ち抜かれたというか、全身に衝撃が走ったというか、
それでいて心は平静を保っており、何かこう晴れやかな気分が毎日続いています。

そして不思議とどもりに対する恐怖が消えている事に気付きました。
次第に、どもってもいいや、どもらなくてもいいやとすら思うようになり、
そう思い始めると、これまた不思議とどもらずに言葉がスラスラと出てきます。

全くどもらずにしゃべれるようになることを改善したと言うのなら、私はまだ改善してはいないのでしょう。
しかし、そんなことはもはやどうでもいいと思える程に、私の心は穏やかで優しい気持ちに満ちています。

実は、6週間プログラムをもう一度はじめから実践し直しています。
吃音がどうこういう理由ではなく、これからの人生をより穏やかで充実した、満足あるものにするために新たな気持ちで取り組んでいます。

このプログラムに、あと30年、いやせめて20年早く出会っていたかったと、今はそう思わずにはいられません。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=39698

           

           

           

           

           

           

⇒正義感が憎しみを育てる。

クリック出来ます。

いじめっ子。

いじめられっ子。

(この野郎道連れにしてやる)憎しみ爆発。

あらゆる手を使って反撃。

           

           

⇒「キツイをやり過ごすのは意識の使い方」ではないか。

クリック出来ます。

足が折れた。

ギャーッ

(その時ゾンビが襲ってきた)ヤベ~ッ逃げろっ

足折れてんのに忘れてた。

           

           

           

           

女子が山羊を投げる

           

⇒性被害者が自虐で乗り越えていく。自虐で自らを治療していく。(エクスポージャー療法)

クリック出来ます。

ゾゾゾッ
被害妄想。
風俗に手を染める。クリック出来ます。

意識が変わった。

⇒🍑エクスポージャー療法として利用するアイテム。

           

⇒🍑女性のためのセックストイ通販。

⇒🅾アダルトグッズ(男性用セックストイ)購入サイト。

⇒🍑ランジェリーで別人になる。

⇒🍑イッちゃう動画。

⇒🍑イッちゃう動画を好きなだけ見るコツ。

⇒🍑SMにハマる。 

⇒🍑ライブチャットでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑出会い系サイトでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑コスプレで別人になる。

⇒🍑コスプレ動画を好きなだけ見るコツ。

           

           

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

           

↓↓↓今すぐ見てください。あなたの人生(またはあなたの大切な人の人生)がかかっているかもしれません。

⇒🅾エクスポージャー療法。その1.

⇒🅾エクスポージャー療法。その2.

⇒✅エクスポージャー療法を好きなだけ見るコツ。

           

           

           

           

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅地球上には自殺したいほど苦しい状況 が溢れています。

⇒🅾状況を変えられないのなら適応しちゃえばいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

以上
障害を飛び越える。諦める前に試してないことがきっとあるはずだ。それを探せ。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

           

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です